この記事を書いた人

直感・行動力・出会い運には定評があります。
好きなときに・好きな人と・好きなことをして生きれる人生を手に入れるべくフリーになりました。
どんなことでもやりたいことはとりあえずやってみたりしてます。

▶︎詳細プロフィールはこちら

国内 旅行

【女子旅】予約なしで食べ放題!千葉県東金市でいちご狩りを楽しんできた

更新日:

いちごは時として争いの火種となる。

 

ボンビーな我が家ではいちごは贅沢品だ。

 

「今日は1人5個まで!!!」

 

毎回母上が弟とわたしの分をお皿に厳重にとりわけ、エサやりが行われていた。

パックから好きなだけとって食べることは許されない。ちょろまかして多く食べたらケンカがはじまる。

 

「「数の制限なんてなく、いちごの白いところを残して贅沢に食べまくりたい」」←(これを贅沢食いというらしい)

 

母の手を離れた今わたしを止めるものは誰もいない!!!!

 

というわけで、いちごをしこたま食べたいという女同士で平和にいちご狩りまくってきました。

行き先は千葉県東金市にある『加藤いちご園』

お互いが遅刻に遅刻を重ね出発時間が大いに遅れる。

遠出するつもりが車で1時間でほどの場所しか選択肢が残されていないというグダグダな展開に・・・。

そこで成田から近からず遠からずの場所、千葉県東金市にある「加藤いちご園」へ行くことにした。

いちご狩りのできる加藤いちご園は、両総台地と九十九里平野にまたがる商業と農業都市、東金市の台方地区で苺の栽培をしています。

周囲は、いまだ自然が残り静かな環境に恵まれ、冬から春にかけての一番の味覚、いちご狩りを加藤いちご園で体験できます。
品種は、章姫、とちおとめ、紅ほっぺ、やよいひめ、おいCベリー、もういっこです。

 

なんだかのどかで良さそうな感じ!

 

受付所と書いてあるけれど、手前の細い道から入って少し先にあるハウスで受付してねと案内される。

 

散歩がてら歩いていきましたが、ハウス付近に駐車場あるので直接車で行けます。

懐かしい田舎道にテンションが上がりました。

 

いちご狩りに必要な持ち物について

いちごをもいだ後は手がベタベタになります。写真参照。

その手で写メを撮ったりするとスマホやカメラも汚れる!

きちんと出入り口に手洗い場が備わっていますが、
電子機器をじゃぶじゃぶ水洗いするわけにはいきません。

 

ウェットティッシュ&ティッシュは必須です。

いちご狩りの必須アイテム

・ウェットティッシュ
・ティッシュ

 

 

この蛇口になつかしさを感じるのはわたしだけでしょうか?

 

好みに合わせて選べる3品種のいちご

料金はシーズンごとに異なり3月は1人¥1500円。

わたしたちが案内されたハウスには3種類のいちごが栽培されており、
レーンごとに特徴の違ったいちごを楽しめました。

とちおとめ →酸味があって果肉はややかため。
章姫(あきひめ)→あまいくてやわらかい、実が細長くて大ぶり。
紅ほっぺ →章姫より実が小さく、味は酸味とコクのバランスが良い。

 

↑多分とちおとめ。

一口にイチゴと言っても口当たりや味が違うので、

甘みがありジューシーな章姫は女性から好まれ、男性からは逆に少し酸味があるとちおとめが人気なんだそう。

 

あまくて美味しいイチゴを見分けるコツ

ハウスの主である加藤さん(ニコニコしていていかにもやさしそうな農家なおじいちゃん)に美味しいイチゴを見分けるコツを聞いてみた。

 

『うちのイチゴは全部美味しいよ〜』

 

ですよね!!!笑

 

甘みが強い品種を扱っているため基本的にどれも甘いと真面目に説明してくれました。

全体が赤くなっているいちごを選べばOKです!

どのいちごもヘタギリギリまで赤くて白い部分がないので、
先端から食べてもヘタ側から食べてもあまさが均等で美味しい♫

 

↑ちょっと痛んでるものやサイズも大小試したけど全部あまかった。

 

章姫は糖度が高い分痛みやすいそう。

屋外での栽培や出荷するのが簡単ではないため、その場で収穫してスグ食べられるいちご狩りに向いているとのこと。

 

食い意地の張っているわたしは、章姫がどのレーンなのか知らないにもかかわらず30分間ずっと章姫のレーンに留まってました。

 

ミツバチや虫は見当たらなかったので、小さい子供がいる人や虫が苦手な人でも大丈夫そうです。

いちご狩りは早め早めで予定に組み込むべし

美味しいいちごを探すコツを教えてもらっても、良さげないちごが狩り尽くされていたら元も子もない。

 

この日は3連休の最終日、しかも最終受付ギリギリ(15時半頃)に到着したため良さげないちごを探すのに時間がかかる。

 

気になる人はいちごの状態や営業時間を電話で確認してから行き先を決めた方が確実です。

 

大型連休にいちご狩りの予定を立てている人は、必ずいちご狩りの日程を連休初日〜前半&午前中に組み込んでおきましょう!

 

わたしたちを含む受付時間ギリギリ着いた人たち全員、良いいちごが少なくなってるからと加藤さんのご好意で時間を延ばしてもらいました。

 

夢中でいちごを食べている間に、ハウスの中にうちら以外誰もいないという放置プレイが発生。

フルーツの食べ過ぎによる頻尿

お腹もふくれて大満足だったのですが、帰り道で何度もトイレに行きたくなりました。

いちごは水分をたくさん含んでいるフルーツです。

遠方から来る人や高速道路の渋滞ゾーンを通る人はこまめにトイレへ寄ることをオススメします。

いちご狩りは人を幸せにする

他のお客さんたちからも、美味しい〜というもぎたてのいちごに感動する声が聞こえてきてました。

いちご狩りって全ての人を幸せにする最強の行楽だよね。

いちごは贅沢品というイメージがあるので、好きなだけ食べれてとにかく幸せでした(^o^)

 

加藤いちご園詳細情報

住所 〒283-0811千葉県東金市台方836-1
最寄駅 JR東金線東金駅
TEL 0475-55-8157
定休日 期間中無休
営業時間 9:30~16:00
公式サイト http://www.bb.din.or.jp/~katoichi/
交通アクセス


【電車】 JR東金線東金駅から徒歩15分
【バス】JR千葉駅からフラワーバス「砂郷」下車orJR千葉駅より九十九里バス「砂郷」下車徒歩1分

価格 30分食べ放題で下記の料金。

3月中/小学生以上1,500円、4~6歳1,100円、3歳以下500円
4月~5月上旬/小学生以上1,100円、4~6歳700円、3歳以下300円
〈情報は2017年3月現在のもの〉

 

お知らせ

オフラインで活動しています

▶︎朝活英会話

・英語に触れる習慣づくりとして
・なんとなく英会話に興味がある
・英語を話す機会がほしい

こういった人が参加して、
自分が興味のあるトピックを話す練習してます。

【日時】毎週水曜am7:00〜8:00
【場所】千葉(詳細は参加者だけにお知らせします)
【予算】1,000円(飲食代別途)

▶︎昼さんぽ部

平日の昼間からビール飲んだりピクニックしたりぷらぷら散歩したり遊びたい人はwelcome


参加希望の方は
LINE@から連絡お待ちしてます。

開催情報のお知らせなどもLINE@で定期的に配信中。

\ シェアしてください /

-国内, 旅行
-, , ,

Copyright© 人生を3秒で変える超行動力! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.