この記事を書いた人

直感・行動力・出会い運には定評があります。
好きなときに・好きな人と・好きなことをして生きれる人生を手に入れるべくフリーになりました。
どんなことでもやりたいことはとりあえずやってみたりしてます。

▶︎詳細プロフィールはこちら

ベトナム 旅行 海外

ベトナムホーチミン・サイゴン駅発寝台列車でニャチャンまで行く方法

更新日:

ベトナムの大都市ホーチミンにある主要駅サイゴン駅から400km離れたビーチリゾート地ニャチャン(NhaTrang)へ行ってきました。

ニャチャンは日本人にとってあまり有名な土地ではありませんが、ロシア人からはかなり人気の高い場所。

旅の思い出づくりということでローカル寝台列車に乗ってみたレポです。

ホーチミン市内からサイゴン駅までの行き方

ホーチミン市内の安宿やドミトリーが密集している旅人の聖地ブイビエン通りからサイゴン駅まではタクシーを使いました。

タクシー料金→50.000VND(ベトナムドン)くらい。

チケットの買い方

サイゴン駅の1F、椅子が並んでいる待合スペースの向かいにチケット売り場があります。

向かって右から2番めのカウンターでチケットを買いましょう。受付は4人ほどいましたがそれぞれ受け持ちが違うそうで頑なに拒まれました。どれだけ怠け者たいの?

買う時に以下のことをハッキリ伝えます。紙にメモした方が確実。

●行きたい場所
●日にち
●ベッドの指定があれば伝える(マットレス:ソフトorハード、二段ベッド:上段or下段)

ベッドに掛け布団もありますが、クーラーがキンキンに効き過ぎていてベッドの上段は凍えるほど寒いです。下段を選んだほうが無難。

ちなみに2段ベッドに梯子はなく、少しでっばっている足場が1つ付いているだけなので昇り降りしずらいです。

この時パスポートの提示が求められたので準備は忘れずに!

goldenline01

チケットが発行されたら間違いがないかその場で確認しましょう。

サイゴン駅からニャチャン駅までのチケット料金

ソフトマットレスの2段ベッドが2つある部屋で458,000VNDでした。

列車出発の1時間前からサイゴン駅で待機

列車の出発時間はPM8:30。不足の自体に備え余裕を持って1時間前に到着。

サイゴン駅にはロッテリアや売店があるので食事の調達をしながら待ちます。フリーwifiもあり。

 

出発時間の30分前にゲートへいくと列車が到着していたのでさっそく乗り込みました。

 

goldline3

乗り込む列車は写真手前に止まっているSNT2。

列車内の様子

待ちに待った豪華寝台列車!ベトナムの本気を見せてもらいましょう。

個室の中はこんな感じ!

goldline8

部屋に入ると同室のおじいちゃんがすでに就寝準備をしてました。はや!

窓際には小物を入れるカゴと造花が置いてありました。この小さいテーブルのすぐ下に電源があるので携帯の充電ができます。

列車の中にはwifiはありません。

goldline6

ベッド。シーツは前の人が使ったものを洗わずに裏返して使っているようでちょっと汚い。

神経質な人はおそらくムリでしょう。

goldline2

ベッドは大人1人寝転んでも十分な広さです。開脚しても足が天井にぶつかりません。

goldline7

ベッド上段に荷物を置くスペースがあります。下段の人はベッドの下が開いてるのでそこに荷物を入れていました。

列車は出発時間から数分遅れて発車。

すぐに乗車員のお姉さんがお水とおしぼりを配ってくれます。

そして消灯してから今度はカギを閉めているか部屋の見回りにやってきました。

乗り心地について

けっこう揺れます。バスほどではないですがガタガタ音もしました。

タバコがきらいな人は要注意。みんな部屋から出てすぐの通路でタバコ吸うので臭いが充満してクサいです。

クーラーが効きすぎて震えるレベルで寒い!男性でも寒そうだったので上着必須(冷房のスイッチがないので自分で調整できない)

ベトナムで快適に寝台列車に乗るコツは上着・マスク・耳栓を用意しておくこと!
ストレスがだいぶ緩和されます。

トイレチェック

goldline5

見切れているところに水がたっぷり入ったバケツがあり、便器まで水浸し状態。

そっと扉を閉めて翌朝までトイレを我慢したことは言うまでもありません。

機内食の販売はなし

寝台列車ということでサンドイッチやコーヒーなどの車内販売があると聞いていたのでちょっと期待していました。

でも何もなし!

これが単なる噂だったのか、その日がたまたまお休みだったのかは謎です。

 

定刻通りにニャチャン駅に到着

 

到着30時間くらい前に乗車員が起こしに来てくれます。

部屋の外をのぞいてみるとガチャガチャしているホーチミンとは打って変わって、朝焼けの中にのどかな風景が広がっていました。

ニャチャン駅は早朝でもチケットが買える

 

goldline9
朝6時過にはすでに窓口が空いています。

ホーチミンからまた飛行機に乗る予定だったので、サイゴン駅行き寝台列車のチケットを買っておきました。

 

ニャチャンで受けたボッタクリの洗礼

平和ボケしてたわれわれはタクシーで500ドンぼったくられました。

ニャチャン駅から街の中心までは50ドンが相場なので騙されないでね。ベトナム人こっすい。

インターネットに情報がない場所でも、距離とメーターあたり価格でざっくり考えたらわかりますよね・・・。あれだけぼったくりに気をつけてと書いてあったのに悔しい!

ちょっと怪しいと思ったら慌てずちゃんと計算してからお会計することを激しくオススメします。

緑のタクシーマイリン(MAILINH)タクシーにぼったくられたので、ニャチャンでは白いビナサン(VINASUN)タクシーに乗りましょう!!!!

復路は、来月日本に夫婦で旅行するという裕福そうなおじさんが相部屋でした。最初は警戒したけどあれこれ気にかけてくれる平和な人で安心しました。

 

さいごに:寝台列車はディープなベトナム旅行が楽しめる

寝台列車は寝ているだけなので、飛行機と比べて疲労の溜まり具合はあまり変わらないと感じました。

時間と旅のスケージュールに余裕があれば寝台列車を移動に組み込んでみてはいいかかでしょうか?

飛行機での移動ではあまり話す機会がない現地の人たちと触れ合える、いつもとはまた一味違う旅が楽しめるかもしれません!

それではgood luck:)

【ベトナム関連記事】
台湾の台南空港からLCCベトジェットに乗ってベトナム(タンソンニャット国際空港)まで行ってみた
スイティエン公園は世界一狂ってる?ベトナムの謎すぎるテーマパークへ行ったレポ
ベトナム・ニャチャン旅行の宿泊先ならビーチまで徒歩1分フォービエンホテルがオススメ

お知らせ

オフラインで活動しています

▶︎朝活英会話

・英語に触れる習慣づくりとして
・なんとなく英会話に興味がある
・英語を話す機会がほしい

こういった人が参加して、
自分が興味のあるトピックを話す練習してます。

【日時】毎週水曜am7:00〜8:00
【場所】千葉(詳細は参加者だけにお知らせします)
【予算】1,000円(飲食代別途)

▶︎昼さんぽ部

平日の昼間からビール飲んだりピクニックしたりぷらぷら散歩したり遊びたい人はwelcome


参加希望の方は
LINE@から連絡お待ちしてます。

開催情報のお知らせなどもLINE@で定期的に配信中。

\ シェアしてください /

-ベトナム, 旅行, 海外

Copyright© 人生を3秒で変える超行動力! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.