帰国後 自由なライフスタイル

安定=衰退。平穏は自分でブチ壊していかないと

更新日:

 

安定は自分で壊さなければ、アクシデントが自分では手に負えない最も最悪な形とタイミングで壊しにくる

みたいなことをジェームス・スキナー様が言ってた。

(ジェームススキナー様とこの前都内某所で遭遇しました・・・!)

 

何もないことが勢いでフリーランスになった自分にある唯一の武器だった

謎の商売人ゆっきーです。

ちなみにゆるく仕事はしていますが物を売る商いはしていません。笑

スピード感があってどんどん前に進んで行く人たちと毎日一緒にいると、
自分の歩みがあまりにも遅く感じて、振り落とされないように必死に食らいつかなきゃってなる。

そのためブログを更新している時間がありませんでした・・・!

ぽーんって勢いだけで独立したはいいものの、わたしには特別なスキルや人脈なんて何もありませんでした。

だから何もない自分が目的に向かって動き出した時、まず自分の理想ライフスタイルを手に入れた5人の友達をつくることにした。

最低年収8桁の人たちが同じ価値観であるわけがなく、あまりに今まで自分が見聞きしていた常識とは真逆で話していることを理解するのに時間がかかったし毎日頭痛の連続。

教えてもらうこと全てが新鮮で面白くて、大好きな人たちといるのは刺激的で時間があっという間に過ぎた!

だからここ数ヶ月は断片的な記憶しかなくて、ブログではアウトプットが全く追いついていない。

 

独立して1ヶ月目くらいから仕事が途切れない状態に

WEB制作者になったもののご縁でその範疇を超えたお仕事をいただくなどしてありがたいことに仕事には恵まれております。

 

最近は何やってるんですか?

ほんともう会う人会う人に聞かれるのですが、1ヵ月先は新しいことがはじまったりいきなり仕事が決まったりするので、わからないとしか言えませんw

かいつまんで話すにもあまりにも長く濃く平凡なOL時代の自分からすると信じがたい奇跡とネタの連続で説明するのがもはや困難・・・。

わたしが出かけるとだいたい1つ2つ何かしらネタを持ち帰って来るので説明するのもあれだから年表ページ作って名刺にQRコードでもはっておこうかしら?

ブログで活動報告もしなければ仕事履歴もあんまり公にはしてないんですが、ライン@ではポツポツ呟いたりしてます。

個人個人に会う時間を作るのが厳しくなってきたので少人数オフ会などもやっています。

天職は見つけるのではなく突然気づく

ブログからの友達とリアルな人脈がごちゃまぜなのでカオスなんですが知り合い同士が繋がっていくってやっぱり楽しいしこれこそが天職な気がします。

わたしはこんな感じで出会いが仕事になっていくことを実業家の方たちから学んだので、次はこの楽しさや尊さを伝えていきたいです。

いつも一緒に仕事させていただいてる方たちはスピード感しかないので、その場で仕事の企画が持ち上がって3時間とかで形になって1週間以内には1つのビジネスがもう始まってる。

その場に居合わせてるとこれからワクワクすることが始まっていくことに興奮するし、奇跡を実感して震えて体がふわふわしてしまう。

台湾から帰ってきてから出会ったある1人の恩人のおかげでものすごい勢いで人脈が広がって、
自分では気づかなかった「覇気のような能力」があったことが発覚して。

とりあえずタダだからやってみたマジックも(まだ記事にできてない)チャレンジ中からまた考え方が180度変わって入れる世界が変わるという不思議な感覚を味わった。

感謝っていう行為を本質的に突き詰めたら量子力学とか難しいことにたどりつくってこともわかってきて、やった人にしかこの胸アツ感はわからないので何かに行き詰まって現状変えたい人にはオススメです。

スピ系とは似ていて非なるものなのでその辺も実感できるんじゃないかと思います。

ゆっきーと一緒に何かビジネスをしたいと誘ってくれる方ばかりで人に恵まれていることに感謝しかありません。

マジックを終えてから出会いの質や運の上がり方が顕著です。

自分がこうしたいとかああしたいとか想像の域を出なかった目標が形になっていってます。

やる気になっては頓挫していたシェアハウス計画もわたしにしかできないやり方で実現させる道筋が見えました。

あとはやるだけ!

 

自分だけは大丈夫って保証はどこにもない

で、なんで脳みそから文字を垂れ流してるだけのブログを急に書いたかと言いますと、

「起業したいけどまずは3年今の会社で経験を積んで貯金する」

と夏前に相談してきた友達が謎の奇病で入院しました。

病名はわかっていないので、大きな病院へ転移して検査を受けるそうです。

 

友達が心配なのはもちろんですが、正直明日は我が身な話です。

時間は有限だということを再確認したし、ケガ病気入院とか動けなくなることを考えると人ごととは思えず、パソコンに向かっている顔がこわばって恐怖に歪んでます。

動けなくなってもなお人間は惰性の中で生きることをやめようとしません。

自分だけは大丈夫って保証はどこにもないのに。

 

平穏な日々はぶっ壊していかないと誰かや逆らえない何かが壊しにくるって言葉をこのブログで伝えておかないという衝動にかられました。

 

病気になった当事者ですら動かないので、行動する人は500人に1人もいないです。

けど目の前のあなたに1つ選択肢が増えたことは確かなこと。

今はなんもできないってあなたも、普通に息吸って吐いて生きるだけのニートでも、日々起こる現象から学べることがたくさんあります。

 

12月から新しいプロジェクトが2つ始動するので時間は足りるのかとハラハラしているのですが、昼さんぽの時間は死守するつもりです!

 

それではgoodluck;)







\ シェアしてください /

-帰国後, 自由なライフスタイル

Copyright© 楽しいけどラクじゃなかったオーストラリアワーキングホリデーの記録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.